知人からの紹介でも信用しない

通常のヤミ金とソフトヤミ金との違い、その一つに知人や友人を巻き込むということが挙げられます。

 

 

これは一体どういったことなのでしょうか。

 

知人からの紹介でソフトヤミ金を利用

通常のヤミ金を利用した人に、どこでヤミ金の存在を知ったかと聞くと、インターネットサイトや電柱広告といった回答が多く聞かれます。これは、ソフトヤミ金自らが発信した情報に対して、利用者が敏感に反応していることが言えますね。

 

一方のソフトヤミ金ですが、ソフトヤミ金の利用者にその業者を知ったきっかけを聞いてみると、通常のヤミ金と同様にインターネットのホームページで知った人ももちろん多いのですが、知人から紹介を受けた人が少なくありません。

 

紹介をした知人の中には、もちろん親切心からお金に困っている友人に対して紹介をしてあげた、そんな人もいるでしょう。しかし、多くの知人は返済に困って友人を紹介したのが実情のようです。

 

ソフトヤミ金の中には、返済に困っている利用者に対して、誰かを紹介したら金利を優遇したり返済額を減らしたりするとちらつかせて、利用客の獲得を狙っています。

 

そんなソフトヤミ金の戦略に、知人はまんまと乗ってしまったというわけですね。

 

知人は相談にも乗る

ソフトヤミ金が通常のヤミ金と異なる点、それは「横のつながり」を非常に重視する点です。しかしこれは、ヤミ金同士の横のつながりではなく、利用者同士の横のつながりのこと。

 

通常のヤミ金は、返済に困っている利用者がいても一切相談には乗らず、恫喝や恐喝まがいのことをして取立てをします。一方のソフトヤミ金は、返済に困っている利用者がいれば親身に相談に乗るふりをして、実際に返済期間を延長するなどの対策も講じてくれるところもあります。

 

そして、ある程度の段階になりますと、ソフトヤミ金は「相談窓口」を自らではなく、同じソフトヤミ金を利用している知人にします。

 

ソフトヤミ金側としては、安定した利息収入が入れば特に問題はありません。返済ができないので債務整理を考えている友人に対して、知人が「利息だけでもいいから払い続けよう」と説得をするのです。

 

知人に迷惑をかけてはいけないと感じる友人は、いろいろと金策をしては頑張ってソフトヤミ金に利息を支払い続けます。ソフトヤミ金はこのようにして、似た境遇にある知人同士をグループ化して、連帯責任のような感情を抱かせるのです。

 

そうすれば、迷惑をかけたくないと考え返済し続けるからです。

 

これではいつまで経ってもどうにもならないので、ヤミ金で借りてしまっているなら被害に遭っているヤミ金の相談を弁護士などの専門家のもとで行うようにしてください。

 

おすすめという消費者金融の危険

インターネット上には様々な比較サイトが存在しています。そんなサイトをチェックして、買い物をしているという人も少なくはないでしょう。お金を借りたいという時に、闇金かどうかの判断をするためにとりあえず評判を調べてみるのも、比較サイトを経由してという方法が多くとられているといいます。

 

しかし果たしてその比較サイトは、本当に信頼できる情報を発信しているサイトなのでしょうか。

 

ネットでは色々な情報を見ることができますが、それを全て鵜呑みにするのは危険です。お金のことに直結するようなサイトは、特別疑った目で見るほうがいいでしょう。比較サイトといってもそこに寄せられている口コミの全ては、一つのヤミ金のサイトに誘導するものであるかも知れません。

 

ネット上では、どんな情報でも発信することができます。多くの人が支持している、審査が甘い、お金を直ぐに借りることができたというサイトも、それが真実の情報かどうか確かめてみる術はありません。

 

皆が言っているのだから正しいはずだと思っても、それが本当に複数の人の意見なのかどうかは、比較サイトを運営している人しか知りません。その運営者こそが、闇金の関係者かもしれません。

 

ネットで情報を集めるにしても、一箇所だけのサイトの話で判断するのは危険です。幾つかサイトを巡って、一つでもよくない口コミを見つけたら、利用を止まるくらいの気持ちでいるのが安全です。

 

ヤミ金はそこらじゅうに手を差し出しているので、知らず知らずにヤミ金を利用してしまう方もいます。違法な金利とは気付かずに借りている方もいるほどなので、一度でもおかしいと感じたなら弁護士でのヤミ金解決依頼を出してみるのも手です。